ホーム > 健康 > 旬の季節に旬のものを食べる健康

旬の季節に旬のものを食べる健康

皆さまは一日三回の食事に何を食べますか。どうせ食べるなら、栄養がたくさんあって体が元気になるものを食べたいものです。かといって、栄養がたくさんあるものとは一体何かと思いませんでしょうか。答えは季節にあります。

 

答えはとっても簡単です。旬のものを食べればよいのです。旬のものは、一年を通して一番栄養が詰まった時であり、その時に食べるのがベストなのです。春には春キャベツや新玉ねぎ、夏にはみずみずしい夏野菜、秋には身を熟した果物、冬には油がのった魚があります。

 

人間の体も季節にあったものを欲しているのです。長年の月日を通じて人類も進化してきましたが、体も同じです。現代では冬でも夏野菜が売られるようになりましたが、昔は冬には冬のものしかありませんでした。冬になると、体は冬の食べ物を必要とし、栄養をこれでもかと吸収してくれるのです。

 

健康にならなくてはと焦ってサプリメントに頼らなくても、旬の季節に旬のものを食べればよいのです。ぜひ今日の食事に旬のものを入れてみてはいかがでしょうか。

健康についてもっと知りたい方はこちらの健康トピックをご覧ください。